スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粗悪輸入品?宇宙線で誤作動か…露探査機失敗 ロシア宇宙庁のポポフキン長官が発表

1:九段の社で待っててねφ ★:2012/02/02(木) 07:19:21.18 ID:???0


 【モスクワ=寺口亮一】タス通信によると、ロシア宇宙庁のポポフキン長官は31日、予定軌道に
投入できず太平洋に落下した火星探査機「フォボス・グルント」について、搭載したコンピューター2台が
宇宙線の影響で誤作動を起こした可能性が高いと発表した。

 長官は、マイクロチップが「粗悪な」輸入品だった可能性にも言及したが、製造国は明らかにしなかった。


ソース   読売新聞 2012年2月1日
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120201-OYT1T00997.htm


2:名無しさん@12周年:2012/02/02(木) 07:20:13.60 ID:WFyIbQvP0


米国でもなかったっけ、中国製粗悪パーツ原因での事故っぽいの


3:名無しさん@12周年:2012/02/02(木) 07:20:24.75 ID:3NLfXbiU0


あーはいあそこね


サラリーマンの給料、2年ぶりに減った! 月平均31万6642円

1:影の大門軍団φ ★:2012/02/01(水) 13:15:37.00 ID:???0


厚生労働省が1日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、
全ての給与を合わせた2011年の現金給与総額(月平均)は、
前年比0・2%減の31万6642円と2年ぶりに減少した。

正社員の給与総額は前年比横ばいだったが、景気悪化や東日本大震災に伴う節電などの影響で
パートタイマーの労働時間が減り、賃金が減少したことなどが要因。

基本給など所定内給与は0・4%減の24万4056円と、6年連続で減少。

厚労省は賃金水準の低いパートタイマーの比率の増加に加え、
正社員の賃上げの動きも鈍っていることなどを背景に
「所定内給与の減少傾向が長期化している」と指摘している。
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20120201/ecn1202011219005-n1.htm

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/images/20120201/ecn1202011219005-p1.jpg


【中国】屎尿だめに爆竹入れたら爆発、子どもが吹き飛ばされる

1:そーきそばΦ ★:2012/01/31(火) 18:26:08.56 ID:???0


四川省資陽簡陽市内で28日午後2時ごろ、屎尿だめのなかのメタンが爆竹に引火する事故が発生した。
男児が、爆竹を屎尿だめの蓋(ふた)の穴に押し込んだためと分かった。中国新聞社が報じた。

 屎尿だめのコンクリート製の蓋3個が吹き飛んだ。現場ちかくのマンションもコンクリートの破片の直撃を受け、
最も高い位置で6階の窓ガラスが割れた。

 爆竹で遊んでいたのは児童3人で、路上のごみ箱に火のついた爆竹を投げ込んだりしたので、
近くの路上でトランプをしていた大人が叱責したばかりだった。大人たちが座っていたのは、事故現場から10メートルほど離れた場所だった。

 トランプをしていた1人によると「ゲームを始めて、5枚目のカードを引いた瞬間に巨大な轟音がした」と述べた。
見ると、子ども2人が吹き飛ばされるのが見えた。1人が建物2階の高さまで、もうひとりは3階の高さまで飛ばされ、
街路樹の枝にいったんひっかかってから花壇に落下した。

 吹き飛ばされたのは、今年5歳と8歳になる男の子。治療した病院の医師によると、かなりの重傷で集中治療室(ICU)に運ばれたが、
午後4時までに命はとりとめられる見通しになったという。子どもの母親は「枝に引っかかって花壇に落ちただけ、
運がよかった。コンクリートの路面に落ちていたら、もっとひどいことになっていた」と述べた。

 トランプをしていた大人たちも、飛び散った破片が顔や手に当たってけがをした。(編集担当:如月隼人)

ソース サーチナ 1月31日(火)17時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00000075-scn-cn


3:名無しさん@12周年:2012/01/31(火) 18:26:57.01 ID:vQWC4/UK0


スーパーな子供だな


香川県民は風邪でも休まない というアンケート結果

1:西独逸φ ★:2012/01/30(月) 06:48:19.68 ID:???0


風邪でも休まない人が日本一多いのは香川県―。気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)の
アンケートでこんな結果が出た。

昨年12月、携帯電話サイトを通じて調査、約2万人が回答した。

「熱が何度になったら会社・学校を休むか」の調査では全国平均が37・94度。一方、「休んだことがない」
との回答の割合は香川県民が14%と最多で、8人に1人が熱が出ても休まないという結果になった。

次いで熊本、島根両県民が13%。最も少ないのは、佐賀県民の1%だった。

この1年間に風邪をひいた回数が最も多いのは富山県民の2・76回、少ないのは山梨、和歌山両県民の
1・94回だった。香川県民は全国平均(2・34回)を下回る2・29回で26位。

男女別では、男性の平均2・01回に対し、女性が2・52回で「冷え性の女性の方が多い」と同社。

風邪が完治するまでの全国平均日数は4・73日という結果。最も回復まで日数がかかるのは青森県民で
5・36日。一番早く回復するのは鹿児島県民の4・13日で、香川県民は4・64日で26位。

西日本エリアの方が回復が早い傾向という。

ソース
四国新聞 http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20120129000074


「陰陽師グッズは神を冒涜」 京都・晴明神社と土産物店が対立

1:かじてつ!ρ ★:2012/01/26(木) 14:52:57.36 ID:???0


○「陰陽師グッズは神を冒涜」 京都・晴明神社と土産物店が対立

平安時代の陰陽師(おんみょうじ)、安倍晴明(あべのせいめい)を祭る晴明神社
(京都市上京区)に隣接する土産物店が、販売品の晴明関連グッズの持ち込みを
禁じる看板を神社側が境内に設置したのは営業権の侵害として、妨害排除を
求める仮処分を京都地裁に申し立てたことが25日、分かった。

申し立てたのは土産物店「田島織物」。平成14年から晴明神社や晴明に関する
土産物の製造販売を始め、現在は店舗やインターネットで晴明ゆかりの「五芒星
(ごぼうせい)」ブレスレットや厄除けネクタイなど約2千種類のグッズを販売している。

申立書などによると、昨年11月、神社側が「神を著しく冒涜(ぼうとく)する」として、
グッズを持ち込まないよう参拝者に求める看板を境内に設置。このため、店側は
売り上げが約3割減少し、営業権を侵害されたとして12月に仮処分を申し立てた。

同店の田島恒保社長は「神社に寄付もしてきたのに、こんな形で返されるとは
思わなかった」。一方、同神社の山口琢也宮司は「店側が晴明公の御神徳を
冒涜し参拝者へ誤解を与えたという主張は変わらない」とコメントした。

☆写真:晴明神社近くの土産物店で販売されている陰陽師グッズ

1_1_20120126161925.jpg

□ソース:産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120126/trl12012614390004-n1.htm


Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。